「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宿泊・輸送センター開所式」を行いました

2021年10月14日
  • 冬季
  • 国体
  • 障スポ

 令和3(2021)年10月8日(金曜日)宇都宮市内において、「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会宿泊・輸送センター」の開所式を行いました。同センターでは、国体・障スポ参加者の宿泊施設やバス車両の手配を一括して行います。

 開所式には、今後業務を担う株式会社JTB宇都宮支店様、関東自動車株式会社様、関東旅行株式会社様に御出席いただき、森岡雄治統括センター長と橋本県国体・障害者スポーツ大会局長が看板の掲出を行いました。

 看板に使用した県産スギ板材の調達には「協同組合 無垢の会」に御協力をいただきました。また、栃木県旅館ホテル生活衛生同業組合の常務理事兼事務局長で、書道家でもある神長昭治(雪華)氏に筆を取っていただき、立派な看板が仕上がりました。

 会場には、栃木県立富屋特別支援学校の生徒の皆さんの作成によるのぼり旗や、栃木県農業大学校花き専攻の生徒の皆さんが育ててくれたニチニチソウが飾られ、開所式をにぎわしてくれました。