環境配慮の取組 

環境配慮の取組 

環境に配慮した いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」推進宣言 

令和2(2020)年8月6日(木曜日)、いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会実行委員会第2回常任委員会において、環境に配慮した両大会の開催を行う推進宣言を行いました。
 > 詳しくはこちら

栃木県選手団ユニフォーム 

「メイド・イン・とちぎ」の技術でペットボトルからリサイクルした繊維など、環境に配慮した素材で選手団ユニフォームを制作しました。
 > 詳しくはこちら 

会場施設

冬季大会の会場となる日光霧降アイスアリーナでは、再生可能エネルギーを活用することで環境負荷の低減を図っています。
 > 詳しくはこちら 

食品ロスの削減

いちご一会とちぎ国体冬季大会の選手等が利用する宿泊施設には、食品ロス削減を促す三角柱ポップやポスターを配付し、食事の「食べきり」を促します。
 > 詳しくはこちら

ゴミ拾いはスポーツだ!スポGOMI大会in栃木

スポGOMI(スポーツGOMI拾い)とは、あらかじめ定められた競技エリアで制限時間内にチームでごみを拾い、ごみの量と種類でポイントを競い合うスポーツです。
 現在、130日に開催される壬生大会への参加者を募集中です!
 > 詳しくはこちら

紙の使用を大幅削減 冬季大会電子版ガイドブック

 いちご一会とちぎ国体冬季大会のガイドブックをスマホ、PCから見られる電子版で作成しました。
 これにより、約175,000枚(=35×50,000部)の紙資源の節約につながりました。
> 詳しくはこちら