環境配慮の取組 

環境配慮の取組 

環境に配慮した いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」推進宣言 

令和2(2020)年8月6日(木曜日)、いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会実行委員会第2回常任委員会において、環境に配慮した両大会の開催を行う推進宣言を行いました。
 > 詳しくはこちら

栃木県選手団ユニフォーム 

「メイド・イン・とちぎ」の技術でペットボトルからリサイクルした繊維など、環境に配慮した素材で選手団ユニフォームを制作しました。
 > 詳しくはこちら 

ペットボトルの再生素材で制作する本県選手団 の新ユニフォームを、両大会の競技会場など県内各市町に展示しています 。

 > 詳しくはこちら 

会場施設

冬季大会の会場となる日光霧降アイスアリーナでは、再生可能エネルギーを活用することで環境負荷の低減を図っています。
 > 詳しくはこちら 

食品ロスの削減

いちご一会とちぎ国体冬季大会の選手等が利用する宿泊施設には、食品ロス削減を促す三角柱ポップやポスターを配付し、食事の「食べきり」を促します。
 > 詳しくはこちら

ゴミ拾いはスポーツだ!スポGOMI大会in栃木

スポGOMI(スポーツGOMI拾い)とは、あらかじめ定められた競技エリアで制限時間内にチームでごみを拾い、ごみの量と種類でポイントを競い合うスポーツです。
 > 詳しくはこちら

紙の使用を大幅削減 冬季大会電子版ガイドブック

 いちご一会とちぎ国体冬季大会のガイドブックをスマホ、PCから見られる電子版で作成しました。
 これにより、約1,750,000枚(=35×50,000部)の紙資源の節約につながりました。
 > 詳しくはこちら

広報も地球にやさしいECOグッズ

両大会のPRと合わせて環境問題への意識を高めていただけるよう、 イベントや各種媒体を通じ、積極的に情報の発信に取り組んでいます。
 > 詳しくはこちら

FSC認証製品、脱プラで表彰状も環境配慮!

いちご一会とちぎ国体冬季大会では、入賞者に授与する表彰状等にFSC認証を受けた製品(適切に管理された森林から生まれた製品)を使用し、環境保全に貢献しました。
 > 詳しくはこちら

「メイド・イン・とちぎ」による製品・サービスの展示会を開催!

環境に配慮した製品・サービスの活用に向け、県では「ものづくり技術強化補助金」により県内企業の開発支援を行っています。
今年度支援を行った4社の開発製品について、先日関係者向けの展示会を実施しました。
 > 詳しくはこちら

古着がタオルに生まれ変わる!「県民参加プロジェクト」(回収は終了しました)

環境に配慮した大会の成功を目指して、県民の方々から不要となった衣類等を回収し、ハンドタオルに再生します。
 > 詳しくはこちら

古着等の御提供ありがとうございます(中間報告)

 > 詳しくはこちら

ライトアップ奥日光 ~日光国立公園満喫プロジェクト~

環境省が進める事業として、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化するため、日光国立公園満喫プロジェクトの一環で奥日光のライトアップが実施されます。

 > 詳しくはこちら