国民体育大会とは

国民体育大会(国体)とは

 国民体育大会とは、昭和21年から、毎年都道府県持ち回りで開催される国内最大のスポーツの祭典です。
「冬季大会」と「本大会」の競技得点の合計を競い合う、都道府県対抗方式で行われ、天皇杯(男女総合成績第1位)・皇后杯(女子総合成績第1位)の獲得を目指し、代表選手が各競技で熱い戦いを繰り広げます。

国体の目的

 国体は、広く国民の間にスポーツを普及し、国民の健康増進と体力向上を図り、地方スポーツの振興と地方文化の発展を図ることを目的として行われます。

国体の歴史

 戦後の混乱期の中で国民に希望と勇気を与えるため、昭和21(1946)年に、戦災を免れた京都府を中心とした京阪神地域において、第1回国民体育大会が開催されました。
 昭和23年の第3回福岡県大会から都道府県対抗方式が確立し、天皇杯と皇后杯が創設されました。
 昭和63年の第43回京都府大会から2巡目に入り、全国を東地区(北海道・東北・関東)、中地区(北信越・東海・近畿)、西地区(中国・四国・九州)の3つに分けて輪番制で開催されています。

国体のあゆみ

過去(二巡目以降)の国体の開催地と本県の順位

回数 開催年 開催地 本県の成績
天皇杯 皇后杯
第43回 1988年(昭和63年) 京都府 25位 28位
第44回 1989年(平成元年) 北海道 18位 32位
第45回 1990年(平成2年) 福岡県 24位 35位
第46回 1991年(平成3年) 石川県 32位 25位
第47回 1992年(平成4年) 山形県 21位 22位
第48回 1993年(平成5年) 徳島県、香川県 24位 22位
第49回 1994年(平成6年) 愛知県 27位 28位
第50回 1995年(平成7年) 福島県 33位 38位
第51回 1996年(平成8年) 広島県 19位 19位
第52回 1997年(平成9年) 大阪府 37位 32位
第53回 1998年(平成10年) 神奈川県 26位 31位
第54回 1999年(平成11年) 熊本県 44位 45位
第55回 2000年(平成12年) 富山県 27位 40位
第56回 2001年(平成13年) 宮城県 40位 47位
第57回 2002年(平成14年) 高知県 37位 39位
第58回 2003年(平成15年) 静岡県 39位 47位
第59回 2004年(平成16年) 埼玉県 28位 30位
第60回 2005年(平成17年) 岡山県 38位 45位
第61回 2006年(平成18年) 兵庫県 27位 34位
第62回 2007年(平成19年) 秋田県 22位 25位
第63回 2008年(平成20年) 大分県 29位 40位
第64回 2009年(平成21年) 新潟県 26位 38位
第65回 2010年(平成22年) 千葉県 27位 34位
第66回 2011年(平成23年) 山口県 27位 22位
第67回 2012年(平成24年) 岐阜県 18位 19位
第68回 2013年(平成25年) 東京都 13位 14位
第69回 2014年(平成26年) 長崎県 23位 20位
第70回 2015年(平成27年) 和歌山県 29位 31位
第71回 2016年(平成28年) 岩手県 30位 41位
第72回 2017年(平成29年) 愛媛県 21位 39位
第73回 2018年(平成30年) 福井県    
第74回 2019年 茨城県    
第75回 2020年 鹿児島県    
第76回 2021年 三重県    
第77回 2022年 栃木県    
第78回 2023年 佐賀県    
第79回 2024年 滋賀県    
第80回 2025年 青森県    
第81回 2026年 宮崎県