フェンシング

 ピストと呼ばれる競技面上で行われ、剣で相手の有効面を「突く」、「斬る」技で勝敗を競う競技です。
 フルーレ、エペ、サーブルの3種目があり、使用する剣の形状やポイントとなる有効面、攻撃の優先権の有無など、ルールが異なります。国体では、1チーム3人で構成する団体戦が行われます。
 フルーレは、柔軟な剣を用いて、背中を含む胴体部分が有効面となり、「突く技」が有効となります。
 エペは正式な決闘として行われていたものが競技化したもので、硬直な剣を用い、全身が有効面となり、「突く技」が有効となります。
 サーブルは馬上の剣術が変化したもので、頭や腕を含む上半身が有効面となり、「突く技」と「斬る技」が有効となります。

競技会場

種別 市町 会場
全種別 上三川町 上三川町体育センター

 

競技会場詳細

上三川町体育センター