空手道

 突き、打ち、当て、蹴り、受け等の技術で互いに技を競う競技です。組手と形の2種目があります。

 組手は1対1で向かい合って、相手の体の寸前で技を止めること(寸止め)を大前提とし、蹴り、蹴り、突き、打ちなどで攻撃し、「1本」「技あり」などのポイントにより勝敗を競います。

 形は敵に囲まれている場面を想定し、攻撃と守りをひとつの流れにしたもので、流派で継承されている形を演舞し、技の正確さ、力強さ、スピード、リズム、バランスなどの要素を総合的に競います。

 国体では、組手・形の個人戦のほか、成年男子3人、成年女子又は少年女子1人、少年男子1人の計5人で編成された組手の団体戦が行われます。

競技会場

種別 市町 会場
全種別 小山市 栃木県立県南体育館

 

競技会場詳細

栃木県立県南体育館