大会のみどころ/バスケットボール

<競技名>

バスケットボール

<競技会期>

令和3(2021)年8月21()22()

<開催地>

宇都宮市

<競技会場>

日環アリーナ栃木メインアリーナ(栃木県総合運動公園メインアリーナ)

<大会名>

第76回国民体育大会関東ブロック大会

1 大会の概要・歴史など

 バスケットボール競技は、1チーム5人の選手が、パスやドリブルを駆使しながらボールを進め、相手のバスケットゴールにシュートして得点を競い合います。得点の種類は、スリーポイントラインの外側からのシュートが3点、それより内側からのシュートが2点、そしてフリースローが成功ごとに1点となります。

 試合はトーナメント方式で行われ、1試合4クォーター(1クォーター10)で行われます。第4クォーター終了後の得点の多いチームが勝ちとなり、同点の場合には1回5分の延長戦を行います。

 本大会は、毎年開催される国民体育大会の関東ブロック予選会として位置づけられています。さらに、この大会は令和4(2022)10月に開催されるいちご一会とちぎ国体のリハーサル大会としても開催され、国体に向けた役員の育成などに寄与することとなります。

2 大会の話題・大会全般の予想など

 少年種別の年齢枠が令和元(2019)年から16歳以下となり、それまでの大会実績とはまた違った結果となりました。令和2(2020)年は、コロナ禍で残念ながら大会は中止となったため、令和元(2019)年の大会結果から推察すると、少年種別はいずれも東京都・神奈川県・千葉県が上位に来ることが予想されます。そこに、令和元(2019)年地元開催のため関東ブロック大会不参加だった茨城県チームが、代表枠4チームにどう絡んでくるかが見どころでもあります。その一方、今回の開催地である栃木県も令和元(2019)年は男女ともに国体への出場権を勝ち取っており、各都県ともに育成・強化の結果が試されるところでしょう。また、成年種別では第74回国民体育大会でベスト8に入った茨城県成年女子、準優勝した茨城県男子チームが今回は関東ブロック大会からの出場となるため、代表枠2チームの座をかけて激しい戦いになることが予想されます。開催県の栃木県では、成年女子の白鷗大学が過去2度の国体優勝、令和2(2020)年度インカレ準優勝などの実績を生かし、予選を勝ち上がることができるか大変楽しみでもあります。

3 栃木県チーム・選手の紹介・予想など

 注目は、第74回国民体育大会において第3位という輝かしい結果を勝ち取った少年女子が、今回どこまで勝ち進むことができるかです。また、約半世紀ぶりに関東ブロック大会を突破した少年男子にも注目です。

 成年の部では、なんと言っても女子の白鷗大学です。来年のいちご一会とちぎ国体に向けて何としても予選を突破して、本大会での上位進出を願いたいです。また、今までにない(いちご一会とちぎ国体に向けての)チーム編成で新たに挑戦する、成年男子チームにも頑張りを期待します。特に成年男子には各都県の企業チームが参戦しており、今回学生のみで戦う栃木県チームには、経験に勝る若さという武器で対戦チームを翻弄してもらいたいと思います。