大会のみどころ/フェンシング

<競技名>

フェンシング

<競技会期>

令和3(2021)年12月17日(金曜日)~19日(日曜日)

<開催地>

上三川町

<競技会場>

上三川町体育センター

<大会名>

第74回全日本フェンシング選手権大会(団体戦)

1 大会の概要・歴史など

 全日本フェンシング選手権大会の団体戦は昭和46(1971)年から開催され、国民体育大会のリハーサル大会として、フェンシング競技を開催する会場地市町村で本大会の前年に行われています。また、個人戦については団体戦の前に都内で開催されています。

 各チームは監督1名、コーチ等1名及び選手3名(チームによって補欠1名が加わる)で構成されます。試合はトーナメント形式で行われ、1名3分間の9試合リレー方式で、45本先取したチームの勝利となります。種目は男子、女子それぞれのフルーレ・サーブル・エペの6種目で、総勢約160チームが全国各地から日本一を目指し参加します。

2 大会の話題・大会全般の予想など

 前回大会男子エペで優勝した自衛隊体育学校には、東京オリンピックで金メダルを獲得した選手が所属しており、そのほかにも、数多くのオリンピアンや国内トップクラスのフェンサーたちが出場し、素早い剣さばきや迫力のある動きを間近で見られる大会となっています。

3 栃木県チーム・選手の紹介・予想など

 注目選手は全種目に出場する伊藤大輝選手です。小学生からフェンシングを初め、フルーレを専門とし、高校3年時にインターハイ個人成績5位、大学4年時にはインカレ個人4位、団体は部長として優勝へと導いています。また、前回大会男子フルーレに日本大学の選手として参加し、準優勝を果たしています。

伊藤 大輝 選手  国内フルーレランキング19位(2021.11.19現在)