大会のみどころ/空手道

<競技名>

空手道

<競技会期>

令和3(2021)年6月26日(土)~27日(日)

<開催地>

小山市

<競技会場>

栃木県立県南体育館

<大会名>

第76回国民体育大会関東ブロック大会・第52回関東空手道選手権大会

1 大会の概要・歴史など

 第76回国民体育大会へ関東ブロックからの形競技出場選手(成年男女各3名・少年男女各2名)を選出する大会であり、各都県代表1名が参加する大会なので非常にレベルの高い大会です。

 また、関東空手道選手権大会では、各種目各都県代表2名の国体出場候補選手が出場します。組手競技は体重別で競い、そのメンバーから5名によって団体戦も行われます。形競技は、点数制で優劣を決します。団体戦は3名で同じ形を同時に演武して同調性を含めて勝敗を決めます。

2 大会の話題・大会全般の予想など

 過去には東京都が連覇していましたが、最近では他県もレベルを上げており総合優勝は混沌としています。令和2(2020)年優勝の山梨県の連覇に東京都が巻き返しをはかるか、神奈川県・千葉県も実力があり優勝を狙えるので見応えがあります。

 また、関東地区は日本を代表する選手が多く、個人戦においても熱戦が繰り広げられること間違いなしです。

3 栃木県チーム・選手の紹介・予想など

 令和2(2020)年度より栃木県に選手登録された成年女子組手の澤江優月選手は、令和2(2020)年の全日本選手権大会の覇者で、過去に国体優勝の実績もあり、優勝候補にあげられます。また、成年男子組手軽量級の佐合尚人選手は東京オリンピック出場候補であり、合わせて優勝候補の一人です。

 少年女子形の佐藤幸選手は、1年生ながら高校選抜大会9位の実績があり、上位入賞も狙える存在です。

4 その他(参加監督・選手の声など)

 いちご一会とちぎ国体を令和4(2022)年に控え、令和2(2020)年より順位を上げて団体総合3位を狙いたいです。