大会のみどころ/陸上競技

<競技名>

陸上競技

<競技会期>

令和3(2021)年8月20日(金)~22日(日)

<開催地>

宇都宮市

<競技会場>

カンセキスタジアムとちぎ(栃木県総合運動公園陸上競技場)

<大会名>

第94回関東陸上競技選手権大会

1 大会の概要・歴史など

 今回で94回を数える歴史あるこの大会は、関東地区7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・山梨)の予選を勝ち抜いた各県先鋭の選手達が一堂に会し、男子22種目、女子22種目、計44種目で関東のNo.1を決める大会です。

2 大会の話題・大会全般の予想など

 参加選手は、実業団などに所属している社会人選手から大学・高校生まで幅広い年齢層が同じ土俵で戦うため、高校生にとってはとても刺激を受ける大会です。

3 栃木県チーム・選手の紹介・予想など

日本陸上競技選手権など国内の大きな大会に出場し入賞している選手が多く、今大会でも上位入賞が期待されます。

【日本陸上競技選手権の結果】

男子 100m  東田旺洋(栃木県スポーツ協会) 8位 10秒42

   400m  佐藤風雅(那須環境技術センター) 5位 40秒70

   砲丸投  武田歴次(栃木県スポーツ協会) 1位 18m64

   やり投  小椋健司(栃木県スポーツ協会) 3位 78m45

女子 400m  大島愛梨(中央大学) 6位 54秒35

   走高跳  竹内 萌(栃木県スポーツ協会) 2位 1m78

   棒高跳  諸田実咲(栃木県スポーツ協会) 1位 4m20

 上記の選手以外でも、男子100mに水久保瀬至選手(第一酒造)や、マデロケンジ選手(城西大学)、宮嶋翔大選手(宇都宮北高校)、松本涼選手(白鷗足利高校)などが、どこまで上位に食い込めるかが楽しみです。また、女子800mで高校1年生ながら県高校新記録を樹立した長島結衣選手(真岡女子高校)の活躍が期待されます。