(No.18)チーズ餃子

筋肉を作るたんぱく源である豚肉に、骨を形成するカルシウムを多く含むチーズを合わせた餃子です。カゼイン(乳たんぱく質)を多く含むチーズは、カルシウムの吸収率を促進する働きがあり、骨や筋肉を強くし、ケガの予防となります。

1人分の栄養価
エネルギー 304kcal
たんぱく質 12.8g
脂質 17.6g
炭水化物 20.7g
0.8mg
材料4人分[1人分純使用量(g)]
キャベツ 3枚[40]
にら 1/5束[5]
根深ねぎ 1/4本[5]
カマンベールチーズ 80g[20]
にんにく 1かけ[1]
しょうが 1/4かけ[1]
豚ひき肉 120g[30]
小さじ1/5[0.3]
こしょう 少々[0.01]
ごま油 小さじ2[2]
大さじ1と1/3[5]
こいくちしょうゆ 小さじ2/3[1]
餃子の皮 24枚[30]
サラダ油 大さじ1と2/3[5]
作り方

(1)キャベツ、にら、ねぎを粗みじん切りにする。チーズはさいの目切りにする。

(2)にんにく、しょうがはすりおろす。

(3)豚ひき肉に(2)、塩、こしょうを加え、粘りが出るまでこねる。

(4)(3)に(1)の野菜を加え、ごま油、酒、しょうゆを加えて混ぜ、最後にチーズを加え混ぜる。

(5)(4)を餃子の皮で包む。

(6)フライパンに半分の油を入れ熱し、(5)を並べ入れ、強火で底に焼き色をつける。

(7)餃子の1/3が浸る程度の熱湯(分量外)を注ぎ入れ、中火にし、蓋をして蒸し焼きにする。皮が透き通ったら蓋を外し、水気を飛ばし、残りの油を回し入れ焼きあげる。

アレルギー物質

乳、豚肉、小麦