(No.19)ほうれん草餃子

鉄分やその吸収を高めるビタミンCを多く含むほうれん草と、ビタミンB₁を含む豚肉を一緒に入れることで、鉄分不足の解消を促すことができる餃子です。手作りの皮を作る際には、ミキサーにかけたほうれん草を混ぜ、色鮮やかな餃子にするのもおすすめです。

1人分の栄養価
エネルギー 265kcal
たんぱく質 11.0g
脂質 14.5g
炭水化物 19.9g
1.5mg
材料4人分[1人分純使用量(g)]
ほうれん草 2/3袋[40]
根深ねぎ 1/2本[10]
にんにく 1かけ[1]
しょうが 1/4かけ[1]
豚ひき肉 160g[40]
小さじ1/5[0.3]
こしょう 少々[0.01]
ごま油 小さじ2[2]
大さじ1と1/3[5]
こいくちしょうゆ 小さじ2/3[1]
餃子の皮 24枚[30]
サラダ油 大さじ1と2/3[5]
作り方

(1)ほうれん草はさっと茹で、水にさらし、水気を絞って細かく刻む。

(2)ねぎは粗みじん切り、にんにく、しょうがはすりおろす。

(3)豚ひき肉に(2)、塩、こしょうを加え、粘りが出るまでこねる。

(4)(3)に(1)を加え、ごま油、酒、しょうゆを加えてよく混ぜる。

(5)(4)を餃子の皮で包む。

(6)フライパンに半分の油を入れ熱し、(5)を並べ入れ、強火で底に焼き色をつける。

(7)餃子の1/3が浸る程度の熱湯(分量外)を注ぎ入れ中火にし、蓋をして蒸し焼きにする。皮が透き通ったら蓋を外し、水気を飛ばし、残りの油を回し入れ焼きあげる。

アレルギー物質

豚肉、小麦